加圧トレーニングと並行して行なうと効果的な運動

>

加圧トレーニングで行うとよい運動とは

基本的な運動

基本的なやり方は、加圧ベルトをまいた後に簡単な手足の運動を行います。例えば腕に巻いた場合、手をグーパーと開いたり閉じたりします。脚に巻いた場合も同じように指をグーパーと開いたり閉じたりします。このときの注意点は、危険なため腕と脚に同時に巻いてはいけない事です。
加圧トレーニングは血流を制限する為、短時間で行う軽い運動でも効果があります。
加圧トレーニングが無理という方はインナーを加圧シャツに変えてみてはどうでしょうか。加圧シャツを着て生活していれば加圧トレーニングト同じ効果が得られます。
自宅だけでなく外出している間でもつけていることができます。しかし、加圧シャツは熱がこもりやすいので特に夏場は熱中症に注意してください。


有酸素運動を行う

有酸素運動は脂肪を燃やすことに効果的な運動です。そして有酸素運動は血流の影響を受けます。酸素は赤血球によって全身に運ばれるためです。そのため血流を制限する加圧トレーニングとは相性のいい運動なのです。
加圧トレーニングを行うことで通常よりも効率よく効果を得ることができます。
加圧トレーニングを行うことで成長ホルモンが分泌されることは前のページに記載しました。加圧トレーニングの後に有酸素運動を行うと脂肪をより効率よく燃やすことができます。また、加圧トレーニングは筋肉をつけるにも効果的です。スレンダーな体系になりたい人は加圧トレーニングの後に有酸素運動を行うといいでしょう。
有酸素運動と聞くとジョギングなど少々きつい運動を思い浮かべるかもしれません。しかし、ヨガなら筋肉痛だったり運動不足の人でも気楽に取り組むことができます。動的な運動だけでなく、静的な運動でも効果は十分にあります。